『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』ネタバレ感想:あらすじ・キャストも紹介

スポンサーリンク
レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク感想・レビュー

 

どうも、こんにちは。

はりー(@hcinemadowntown)です。

今回は『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』の感想です。

ウディ・アレン監督のロマンティック・コメディの最新作。ティモシー・シャラメにエル・ファニングと今旬の若手俳優ふたりを主演にしてウディ・アレンがロマコメを撮る。

これは、観るしかない!

ウディ・アレンのロマコメが好物のハリーです。

ちょっと監督が私生活でもめていますが、作品に罪はないということでレビューしていきます。

それでは、いきましょう。

スポンサーリンク

あらすじ

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で有名な映画監督ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをすることになったこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのデートプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事が次々と起こるのだった……。

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』公式サイトより

スタッフ・キャスト

見出し
  • 監督・脚本ウディ・アレン
  • ギャツビーティモシー・シャラメ
  • アシュレーエル・ファニング
  • チャンセレーナ・ゴメス
  • テッド・ダヴィドフジュード・ロウ
  • フランシスコ・ヴェガディエゴ・ルナ
  • ローランド・ボラードリーヴ・シュイバー

監督:ウディ・アレン

本作の監督・脚本を務めたのは、ウディ・アレン。

監督・脚本・主演の三つを務めた『アニー・ホール』(1978)でアカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞の三冠に輝く。

その後も数々の作品でアカデミー賞を賑わせ、24回のノミネートは史上最多。非常に多作で知られ、1970年代からほぼ毎年一本のペースで作品を発表し続けいている。

近年では、『ブルー・ジャスミン』、『マジック・イン・ムーンライト』、『教授のおかしな妄想殺人』などがある。ロマンティック・コメディの名手

ジャツビー役:ティモシー・シャラメ

レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』公式サイトより (c)2019 Gravier Productions, Inc.

本作の主人公。ニューヨーク育ちで、アリゾナ生まれのアシュレーをいい感じに案内したいけど、気づくと映画作りに巻き込まれることに。

演じたのは、ティモシー・シャラメ

『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされて、一気に注目度がアップ。演技力と甘いルックスでこれからの活躍が期待される俳優。

近年では『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や『キング』に出演。

アシュレー役:エル・ファニング

レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』公式サイトより (c)2019 Gravier Productions, Inc.

ギャツビーの恋人アシュレー。

学校の課題で映画監督にインタビューすることになりニューヨークを訪れる。

演じたのは、エル・ファニング

幼少期から姉のダコタ・ファニングとともに俳優として活躍していて、大人顔負けの演技力で早くから注目される。『スーパーエイト』に出演した際にさらにブレイク。いまでは、人気と実力を備えた女優。

かわったところでは『となりのトトロ』英語吹き替え版でメイの声を担当していたりする。

近年では、『マレフィセント2』のオーロラ姫、『ティーンスピリット』で主演を務めるなどしている。

チャン役:セレーナ・ゴメス

レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』公式サイトより (c)2019 Gravier Productions, Inc.

ギャツビーの元カノの妹チャン。

ギャツビーが旧友に誘われて急遽エキストラとして参加した学生映画でギャツビーの恋人役を演じている。

演じたのは、セレーナ・ゴメス

ディズニー・チャンネルドラマ『ウェイバリー通りのウィザードたち』で主演をつとめ、ティーンの間で絶大な人気を誇る。

女優だけでなく歌手としても活躍している。「セレーナ・ゴメス&ザ・シーン」のボーカルやソロとして活動し、オリジナル・アルバムが米ビルボード・チャートで三作連続一位を獲得するなど、世界的な人気を博している。

テッド・ダヴィドフ役:ジュード・ロウ

レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』公式サイトより (c)2019 Gravier Productions, Inc.

アシュレーがインタビューするボラード監督と一緒に仕事をしている脚本家。

演じたのは、ジュード・ロウ

1993年『ショッピング』で映画デビュー。その後数多くの作品に出演する。『リプリー』でアカデミー助演男優賞ノミネート。

その他、『シャーロックホームズ』シリーズのワトソン、『ファンタスティックビースト』シリーズの若きダンブルドア教授などで知られる。

予告映像

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』7/3(金)全国公開/海外版予告_日本語字幕付き

『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』感想【ネタバレあり】

『アニー・ホール』、『マンハッタン』など、何度もニューヨークを舞台に作品を作り出しているウディ・アレン監督。

今回も監督が描くニューヨークの街は、ロマンティックで幻想的。雨の降る中、男女の淡い恋模様も美しく見える素敵な街ニューヨーク。

本作も、物語が進む中で心が移ろい視線が交錯していく男女を軽妙な会話劇で描くという監督のいつもの作風を貫いていました。

雨のニューヨーク…なんて美しいんだ…

本作はニューヨーク観光映画として、抜群の出来でしたね。

雨の降りしきる中、気だるげにタバコをくゆらせるギャツビー。そこに雲の切れ間から柔らかな自然光が差し込む。見惚れるような光景…。

本作の主役は?と聞かれたら、ニューヨークという街と答えるのが正解なのではないかと思えるほど、街並みが印象に残る。

恐ろしくテンポの良い展開で、ギャツビー・アシュレーと一緒にニューヨークへ小旅行にきたような気分にさえなってしまうほど。

エル・ファニングの可憐さでおじさんたちがメロメロ

本作はエル・ファニングの可憐さが爆発した映画でもありました。

アシュレーの取材に合わせてニューヨークを観光しようとバスに揺られてきたふたりだが、何故かすれ違いばかり。

アシュレーはインタビューした監督から試写会に誘われて舞い上がってしまい、ギャツビーとの約束をすっぽかしてしまいます。監督からは、別れた奥さんと同じ名前だねなんて言われて口説かれる。

その後、スランプに悩んで失踪した監督を脚本家と一緒に車で捜索することに。その際偶然に脚本家の奥さんの不倫現場を目撃して、落ち込む彼を慰める羽目に。

さらにそのあと監督を探して訪れた撮影スタジオで、いかにも女好きといった感じの俳優フランシスコ・ヴェガに下心ありありでディナーに誘われ、舞い上がってしまうアシュレー。

アシュレーが出会うオジサマたちが、揃いも揃ってアシュレーに惚れていくのが、なんとも笑えるんですが、エル・ファニングの可憐さなら仕方ないよなと思わせてくるわけで。

エル・ファニングって過去のキャリアでは、結構無表情系や不機嫌系の役が多かった印象なんですが、今回演じたアシュレーはかなりの天真爛漫キャラ。

自分のお気に入りの監督にインタビュー出来るからって、彼氏そっちのけで大はしゃぎしますし、俳優にディナーに誘われたときも「孫の代まで語られる大事件ね」なんて浮かれています。

まあ田舎の女子がニューヨークで売れっ子俳優から夜のお誘いうけるなんて、まさに夢の様な出来事でしょうからね。浮かれるのもしょうがない。

鬱々したティモシー・シャラメの魅力もすごい

終始、浮かれ調子のアシュレーの一方、ギャツビーはどんどん鬱々としていきます。

始めは彼女にお気に入りの街を楽しんでもらおうと綿密な計画を立てていたのに、いきなりすっぽかされてしまう。

そのあと映画の撮影をしていた元カノの妹チャンからは、あなたのキスは10点中4点ねなんて言われる。

チャンと訪れた美術館で親戚の伯父さん伯母さんに見つかってしまい、ずっと避けていた母親の社交パーティーに行かざるを得ない羽目に。

さらには、アシュレーとヴェガのスクープをテレビでみてしまい、気分はどん底に…。

男目線では散々な目にあるギャツビー。しかし、ティモシーが演じると落ち込むギャツビーの姿がなんとも美しくて色気があるんだ。

雨の降りしきる中、背中を丸めてうつむきがちに通りを歩く姿。バーでひとり、落ち込みながら酒をあおる姿。しまいには、ネクタイを緩めてピアノの弾き語りまで披露してくれます。

これは、反則的にカッコイイぞ!

なんて、心の中で叫んでました。美少年が哀愁漂わせている姿は、どうしても惹かれてしまう吸引力がありますねぇ。

おわりに

今回はウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ザ・ニューヨーク』の感想でした。

ティモシー・シャラメにエル・ファニングという当代の人気若手スターを真ん中に据えて、監督の愛する雨のニューヨークで男女の移り気な恋模様を描く。ウディ・アレン監督お得意の軽妙な会話劇が楽しい作品でした。

役者の魅力が堪能できる、ニューヨークの街の美しさが味わえる、肩ひじ張らずにみられる軽やかなラブコメ。

とっても気軽に楽しめる作品でした。

それでは、また次の作品でお会いしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました